過度のストレスと看護師

過度のストレスが看護師に与える悪影響記事一覧

体が悲鳴をあげる時 看護師の仕事上のストレス源はたくさんあります。命に関わるので新人指導も厳しいでしょうし、時間内でやらなければならないこともたくさん。先輩や上司、医師はもっと怖いし、どんなに頑張っても認められない…。自分は一生懸命勉強しているし、仕事中も無駄なことをしているつもりはないのに。そんな日々が続くと、ストレスで体が悲鳴を発するようになります。それが動悸や吐き気、嘔吐といった症状として現...

ストレスからうつ病になる うつ病というのは、最初からうつ病の症状を起すのではありません。大抵は、その前に過度のストレスがかかり、自分の中でそのストレスを処理しきれなくなって、うつ病として発症するのです。 看護職はとてもストレスがかかります。それには、看護師同士を始めとした医師や患者・患者家族・コメディカルといった様々な人との人間関係が原因となることもあります。疾患や病態の理解という勉強そのものが、...

看護師ほど、不健康? 看護師は他の職種に比べて、肥満・喫煙者の割合が高いと言えます。確かに交代勤務をしているため、生活は不規則になりがち。それを差し引いても、「ぽっちゃり」の範疇を超えている人が多いです。同様に、喫煙率もとても高い。院内禁煙だと、昼休みに自分の車に戻ってまで喫煙する人や、外から見えない秘密の場所を見つけている人までいます。非喫煙者から見ると、そこまでして吸いたいものかと思うのですが...

働き過ぎ?それともストレス? いつも疲れ果てていて、仕事をこなしてくるだけで精一杯…という人は、フルタイムで働いている人の中には大勢いるでしょう。確かに看護師は交代勤務もあり、時間外労働も多いですね。でも、本当に体が疲れているのでしょうか?確かに極度の疲労は、少し睡眠時間を多くとったくらいで回復しないかもしれません。しかし、慢性的に疲れているというのは、心も疲れているのかも…。 充実した毎日を送っ...

頑張りすぎてはいけない? 看護師としての理想や、「こうあるべき」というイメージが強い人、責任感があって頑張り過ぎる人は、少し力を抜く必要があるかもしれません。一生懸命仕事をすることは大変良いことです。怠けるよりもよいです。しかし、看護というのは終わりがありません。よい看護師・できる看護師を目指してしまうと、途方もなく先のように感じてしまうのです。 いくら勉強して全ての科を経験しても、パーフェクトな...

新人は必ず激やせするもの!? 看護師になって激やせするというのは、新人時代にはよくあることです。受け持ち人数を減らされていても、先輩よりやることが遅いので休憩もろくにとれない。準夜だと、勤務が終わるまでノンストップということも…。当然動き回っているのに対して食べる量が少ないので、痩せていきますね。 仮に昼食に入っても、さっきまで怒られていた先輩と一緒のブースで食事なんて、のどが通りません。先輩達は...

看護師は不妊と切迫が多い? 看護師は夜勤や残業の多い仕事ですから、日々忙しい毎日を送っていますよね。特にフルタイム勤務で夜勤ありの人は、身体のペースを作るのが大変。本来人間は夜眠って朝起きるという生体リズムを有しているので、それに逆らうことをするのは想像以上に心身にストレスがかかるものなのです。独身時代は自分の生活だけなので、家族のことを気にせずに夜勤生活も満喫できるでしょう。眠りたい時に少し寝て...