職場・配属・業務で看護師のストレスも種類が異なる

職場・配属・業務ごとの看護師のストレス記事一覧

緩和ケアは、現実難しい? 緩和ケアは、認定ナースが病棟配属ではなく、緩和ケア科として独立している病院も出て来ました。しかし、実際には看護師は病棟で余裕のあるところは少なく、多くの患者を抱えながら対象患者へ関わるということが多いでしょう。緩和ケアのみを行っている看護師も、各病棟に入院している、もしくは在宅の患者全てにたくさんの時間を割くことはできませんから、普段の看護は病棟ナースに託していることも多...

救急は、時間外外来!? 救急外来は、緊急患者の搬送やCPAの患者が運ばれてきて、CPRや挿管して緊急心カテや緊急オペ出しをする…というイメージを持っているでしょうか?実際の救急外来を経験した人はわかることですが、救急外来において本当に急を要する患者はごくわずかです。実際は、病院では午後の外来診療がないために救急で受け入れたり、自家用車で来院できない人が救急車を呼んだために救急に搬送されたり、また仕...

医師=経営者がストレスになる 医師はもとから看護師より上の立場として考えている人が多いですね。本来は多職種として横並びなのですが、実際の業務は医師の指示に基づいて動くことから、力関係も医師の方が強くなりがちです。 病院勤務の場合は医師がいくら威張っても、「できないやつだ」と思われても、給料や待遇は変わりません。特に公立病院の場合は、院長は医師であっても雇い主は市長だったりします。自分をバカにした医...

【自分の時間すらとれない】 子供ができて一番驚くのは、育児そのものが大変というのではなく、自分の時間をとることがいかに難しくなるかということでしょう。育児休暇中はまだ子供も小さいので寝ている時間が長く、家から出られないものの自分の時間はとれます。それが、職場復帰を果たすと本当に難しくなります。 ほんの少しコンビニで新作のお菓子をみたり、雑誌を立ち読みしたり、ネットサーフィンしたり、コーヒーをゆっく...

夜勤は何が大変なのか? 夜勤は大変と皆言うけれど、何が大変なのでしょうか?大きく挙げると、二つの意味で「大変」なのだと思います。一つは身体で、もう一つは業務そのもの。 人間の身体は、本来昼間活動して夜は眠るというようにできています。これはどんなに夜型生活を続けていたとしても、ヒトとして生まれている限り、そのようにできているのです。それに反して夜の生活をしようというのは、生理的にとても負荷のかかるこ...

育てるよりも、辞めさせないが目標今の30代までは、だいぶ新人教育が緩くなってきた時期に就職している世代です。看護協会や各医療機関の看護部が、必死で離職を食い止めようとしたからです。それでもまだ個々の職場によって昔ながらの指導をする先輩ナースがいたので、それなりにもまれて育って来ました。 ところが、今の20代は育ってきた環境が全く違います。看護師に至るまでの過程も、看護学校での実習に実技があまり入ら...

一度入ったら、出られない!? 手術室は限られた空間にいることが最大のストレスとなります。手洗いであれば、手術室の中の、かつ手術台の横にしかいられなくなります。外回りであっても、手術室内の行動がほとんど。心外や脳外の時間のかかるオペなら途中で交代することもありますが、基本的には一つのオペが終わるまでは同じ場所を担当しますね。 そんな狭い空間にいるのが、気心の知れた人であれば良いのですが、そればっかり...

【人の死ぬ場所はいろいろ、ターミナルケアもいろいろ】 どんなに医療技術が進んでも、人間はいつか亡くなるもの。ただし、その時期や何が原因で亡くなるかは個人によって違い、それを受け入れられるかどうかでターミナルケアは違います。あなたが終末期医療、ターミナルケアに関わるとしたら、どの場所でしょうか?一般病棟だけではなく、外来や訪問、デイサービス・施設・グループホームでもターミナルケアは必要です。 外来や...

妊婦なのに…という甘えは効かない!? 世間一般では、妊婦さんには優先席があったり、駐車場も近いところがとめられたりと、大事にされる風潮がありますね。でも、看護師の世界では妊婦だからといって、大事にされるとは限りません。もちろん放射線関係の仕事からは外してもらえますが、肉体労働が減る訳ではありません。妊婦はおなかが目立たない時期の方が、流産しやすいものです。それでいて、お腹が出てくると今度は自分を支...

小児科の対象は祖父母まで 小児科には、基本的に子供だけで受診することはありません。入院しても親が付き添いをしたり、面会に来ます。共働きが増えたことで、これらの親の役目を祖父母に託すことが増えて来ました。小児科は子供の対応、両親の対応、祖父母の対応と、患者一人に対して看護の対象者が多いのが特徴です。そして、親や祖父母の躾・教育観が子供にも影響します。 親がまだ成熟していない場合、医療スタッフに攻撃的...

実はいっぱいいっぱいの、30代 30代になると、「中堅」と言われる世代になります。同時に、私生活でも結婚して子供ができて…と大変な時期。自分の仕事は要領よくこなすことができるようになってくるものの、私生活の忙しさもあって、精神的には余裕がないのがこの時期。それでいて、経験10年を超えてくると中堅という扱いになるので、20代の後輩の面倒をみなくてはなりません。 下を育てるというのは、ただその日の受け...

身体は楽だけど、ストレスは大きい? NICUというのは、生後間もない子供の入る場所です。当然子供は寝返りも打ちませんし、しゃべりもしません。つまり、子供は文句を言いません。そして寝たきりの高齢者と違って、とにかく小さいので身体が楽です。ではNICU勤務が楽かというと、そうでもありません。身体が楽な代わりに、ストレスが大きいからです。NICUに考えられるストレスって何でしょう?狭いエリアにスタッフが...

体の元気な認知症 認知症の患者は年々増加する一方。80歳を超えるような認知症だけでなく、60代の認知症患者もおり、年の取り方は人によって大きな差を生むものだと感じます。90歳過ぎても一人で外来受診をする患者、60歳で家族が付き添わないとならない認知症、40代で片麻痺の脳梗塞後遺症…ライフスタイルによっても年の取り方にこんなに大きな差が出るものなのです。 高齢患者の家族は、自分がまだ60代なら会社の...

保育園の看護師は、どんな仕事をするのか 保育園に看護師が勤務する場合は、保健の先生になることがほとんどですね。保健の先生は、小学校にも上がらない小さな子供達を預かっているため、とても大切な仕事がたくさんあります。怪我の応急処置、病院の受診投薬管理保健指導(歯磨き、病気の予防、ワクチン接種etc.)保健便りの作成 健診、歯科健診の担当病児の看護感染症対策保育園が、第二の家庭? 今は共働きが多く、核家...

有料老人ホームは、お金持ちの人が入る? 有料老人ホームは、比較的お金に余裕のある家しか入れません。本人の年金額で大丈夫という施設でも入居時の一時金は必要ですし、家族にも余裕がなければ親の年金をホームの代金に充てることもできないからです。 お金持ちにも大きく分けて2種類のタイプの人がいるのではないかと思います。本当にお上品で、どんな小さなことも感謝してくれるタイプの人。反対に昔から社員に威張り散らす...

【精神科は、老人ホーム化している】 精神疾患を持つ患者は、たいていの場合は両親が世話をしています。兄弟はそれぞれ成人すれば自分の家庭がありますし、結婚相手も精神疾患のある身内の世話まで手が回りません。皆、自分達でいっぱいいっぱいなのです。 両親がまだ若いうちはよいのですが、両親が高齢者となったり病気を抱えて要介護の状態になった場合、子供の世話をすることができなくなります。かといって、兄弟もできませ...

透析のほとんどは、糖尿病患者である 透析患者は年々増加の一途をたどり、受け入れ施設も足りなくなっているのが日本の透析事情。透析導入に至る経緯のほとんどは、糖尿病のコントロール不良で腎不全を起こした人達です。ということは、糖尿病の管理がされなかった人ですから、一般的にコンプライアンスの悪い患者が多いのです。中には若くして透析になってしまい、そこから心を入れ替えて自己管理を徹底する人もいますが、大半は...

先輩になっちゃった・・・ ようやく日々の受け持ちをこなせるようになった程度で、1日のうちで怒られる回数が減ったくらいなのが2年目。もちろんまだまだ看護師としては経験不足で、ルーチンワークならこなせても、応用はききません。 そんな自分が4月に先輩になってしまった…。なんかうれしくもあるけれど、複雑な心境かもしれませんね。先輩達の目が自分に集中しなくなるので、少し気楽になるのは事実。でも、その分前より...